先日、私のクライアントさんからアメリカの面白い会社についての情報をいただきました。

ゴアテックスで有名なW. L. Gore & Associates という会社なのですが、この会社が非常にユニークな組織構造で経営を行っています。

以下に、この会社の情報をシェアさせていただきます。

—————————————————————-

創立1958年、売上30億ドル(2700億円)、従業員数9500人、アメリカ以外にドイツ、イギリス、日本、中国に拠点を置き、世界中のマーケットに販売している。

Fortune誌の「アメリカでもっとも働きたい会社ベスト100社」にも選出されている。

1958年の創業以来、個人の自主性を促すチームベースなラティスオーガニゼーションが採用されており、メンバーにはハンズオンのイノベーションや自発的な意思決定が期待されている。

社員は全員「社員」ではなく「アソシエート」と呼ばれ、「ボス」ではなく「スポンサー」の支援を受けながらプロジェクトを遂行してゆく。

アソシエートは創業者ゴア氏の提唱した以下の四つの原則を守って働くことが求められている。

・お互いと仕事に関係するすべての人に対する公平性

・他のアソシエイトの知識、スキル、責任における成長を促し、助け、認める自由

・コミットし、それを維持する能力

・会社の評価に影響を与える行動をとる前に行う他のアソシエートとの協議

(参考)日本ゴア株式会社のホームページ

(以下、ゴア社の事例②へ続く)

メルマガ購読・解除 ID: 1631236
「新規事業の研究」メルマガ

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


(ブログランキングへのご協力をお願いいたします↓)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村