先日、ある私のクライアントさんとお話をしていた際、俗に言うコバンザメ商法についての話題になり、ちょっとした盛り上がりを見せました。

コバンザメ商法とは、自社よりも大きな企業の影響力を借りるか、実際のサービスやサプライチェーンに外部からコミットすることで自社も利益を得ようとするスキームです。ダイエーが絶好調だった頃、ダイエーの影響力・商圏にあずかろうと大小各種のコバンザメが集まりましたが、外部からコミットした例として、ダイエーの隣に出店した激安八百屋が挙げられるでしょう。

ダイエー全盛期の頃、野菜果物類の流通が比較的弱かったダイエーの敷地外隣接地に店を出す八百屋が少なからずありました。家族経営の八百屋などはオペレーションコストが相応に低いので、ダイエーよりも低価格で野菜類を販売出来、ダイエーのお客もダイエーでは野菜を買わず、ダイエーで買い物をした帰り道にそうした低価格八百屋で野菜を買ったものでした。

ダイエーの事業再生が終結した今日、さすがにこの手の八百屋は姿を消しましたが、ダイエー最大の売上を誇るダイエー碑文谷店の横には、比較的最近までこの種の八百屋が存在していました。

外部からコバンザメ商法を展開する場合、当事者とは関係なく出店がなされるケースがほとんどですので、利害関係はないのが普通です。当事者が弱い部分を外部から補完する、補完できるようなスキームが見込めれば成立する可能性が生じるでしょう。

コバンザメ商法を展開する際の最大のポイントは、今後成長が期待できる主体にくっつくことでしょう。ある程度の右肩上がりの成長が見込めるビジネスであれば、コバンザメ商法を展開するうまみもそれなりに大きくなると思われます。

(続く)

 

(ブログランキングへのご協力をお願いいたします↓)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村