本日はクリスマスです。クリスマスおめでとうございます。

産経新聞のネット版が、ホンダのビジネスジェット「ホンダジェット」がFAAの型式検査承認を取得し、2015年の量産化へ前進したと報じています。

 

ホンダは23日、開発中の小型ジェット機「ホンダジェット」について、米航空機事業子会社が米国連邦航空局(FAA)から型式検査承認を取得したと発表した。

 これにより、型式証明に向けた最終的な飛行試験が実施できるようになり、今後1年間は、FAAのパイロットが搭乗する。2015年の量産開始に向けた準備が整うことになる。

 ホンダは、06年に操縦士を含めた6人乗りの小型ジェット機「ホンダジェット」の生産販売に乗り出すと発表し、同年から受注を開始。現在まで計100機以上を受注している。

 当初、10年中に1号機の引き渡しを計画していたが、FAAからの認可が下りず、計画が延期されていた。量産開始の2~3年後をめどに年80~100機の生産を目指すとしている。エンジンは、提携先の米ゼネラル・エレクトリック(GE)と共同開発する計画。

引用元記事

 

生産が始まる二年も前から100台以上の注文が入るなど、早くも人気を見せているホンダジェット。戦略的には「飛行機のシビック」をイメージしているそうですね。

ホンダがアメリカへ進出した際、車のシビック、バイクのスーパーカブと、いずれも「小さすぎてアメリカ市場では売れない」と揶揄されていたそうです。ところが、いずれもふたを開けてみたらバカ売れの大誤算。今度のホンダビジネスジェットも同じような市場デビューを果たすものと期待されます。

そういえば2015年はホンダがF1に復帰する年でもありますね。2015年はホンダにとって歴史的に重用な年になりそうです。

なお、ホンダジェットの価格は約450万ドル(約4億6千万円)だそうです。


無料お試し読みはこちらから

(ブログランキングへのご協力をお願いいたします↓)

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ