アメリカのクラウドファンディングサイト大手キックスターターがカナダへ進出したというニュースが報道されています。

 

キックスターターは今年八月にここカナダへ進出すると発表していたが、カナダ発第一弾のプロジェクトがついに出資者にオープンになった。キックスターターは世界で最も人気のあるクラウドファンディングサイトで、これまでに480万人の出資者が48,000のプロジェクトに7億7千8百万ドル(778億円)を投資してきた。その中には有名なベロニカ・マーズ・フィルムやペブル・スマートウォッチといったプロジェクトも含まれる。

現時点でのカナダ発のプロジェクトは50以上あり、コミックブック、アプリ、空飛ぶロボット等のプロジェクトが含まれる。中でもコルト・ホッケー社によるナノテクノロジーを利用した通常のゲームプレー条件でも壊れないホッケースティックを製造するプロジェクトが注目される。

「クラウドファンディングは人々に力を与える新しい方法です。カナダでも我々はプロジェクトを立上げ、キックスターターとともに成長するいいチャンスが来たと考えたのです」同社の6人の共同創業者の一人で、キャンペーン担当の22歳のダニエル・ルーチェーシは言う。

引用元記事(カナダ・ザ・スター紙)

 

規制の問題でカナダでは活動出来なかったキックスターターが、アマゾンのCheck-out by Amazonを利用することによりカナダでの展開が可能になったようですね。

キックスターターの運営には、出資者を保護する法律上の課題と、出資の決済方法をクリアする必要があるようですが、カナダはアメリカ、イギリスに続いてそれをクリアした世界三番目の国になったとのことです。

前に私はメールでキックスターターに「日本でのサービス開始の予定はありますか?」と質問しましたが、「構想はあるがいつになるかはわからない」といった返事をもらいました。

キックスターターが日本でもサービスを開始して、世界中の人々が日本発のプロジェクトに出資してくれるようになったらそれはそれで非常に画期的なことでしょう。

キックスターターの今後の動きについては、今後も注目していきたいと思います。



(333万ドルもの資金調達に成功したペブル・スマートウォッチのプロジェクト)


無料お試し読みはこちらから

(ブログランキングへのご協力をお願いいたします↓)

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ