・経営関連

金融円滑化法について(金融庁)
http://www.fsa.go.jp/news/21/ginkou/20091203-2.html
昨年末に施行された中小企業金融円滑化法に関する情報提供サイト。本家本元のサイトだけあって情報が豊富。リスケ等検討している経営者は必見。

就業規則の労働時間に係る規定例
http://labor.tank.jp/kisoku/990401jikan_kiteirei.html
労務情報安全センターが提供している、就業規則の雛型集積サイト。最近就業規則でもめる会社が増えてきているけど、普段から最悪のシナリオを想定して就業規則を整備しておきたい。各種の変形労働形態の雛型もある。

知って得する労働法
http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/b/
たまごやさんが提供している労働法の解説サイト。基礎情報から各種のトラブル対策等々、実に豊富な情報が掲載されている。主として雇用される側の視点から解説されているが、経営者にとっても有用な情報が多い。

会社定款目的記載事例データベース
http://www.e-mokuteki.com/
横浜ベイサイドオフィスが提供している、会社定款目的記載事例データベース。会社設立に必要な原始定款に乗せる会社目的が5万2千件も登録されている。すべて実際に認証を通過したものなので、そのままコピーペーストして使える。大変便利。

かんたん会社設立マニュアル
http://www.hayashi-jimu.com/k1-1.html
オフィスHAYASHIが提供している会社設立マニュアル。定款作成・認証から設立登記の仕方まで、実にわかりやすく解説している。

The U.S. Small Business Administration(英語サイト)
http://www.sba.gov/
略称SBAのサイト。アメリカで会社を経営する際にSBAには何かとお世話になる。SBAがアメリカの産業創造に果たした役割はとてつもなく大きい。日本の中小企業政策も、せめてSBA並みのレベルにまで上がればどれだけ経済にプラスになることかと思う。

The Institute for Strategy and Competitivenes(英語サイト)
http://www.isc.hbs.edu/
ハーバードビジネススクールのマイケルポーター教授が率いる戦略・競争研究所のサイト。 経営戦略に関する論文、ジャーナル等がダウンロードできる。経営戦略研究については世界最高峰の情報を有している。

アメリカマーケティング協会(英語サイト)
http://www.marketingpower.com/Pages/default.aspx
アメリカマーケティング協会の公式サイト。会員向けコンテンツがほとんどだが、最新のジャーナル・論文が一部ダウンロードできる。日本の大抵のマーケティングの教科書が引用する有名なマーケティングの定義の原文も掲載されている。




・事業再生関連

事業再生実務者協会
http://www.turnaround.jp/
我が国における、事業再生に関わる実務者を集めた協会のサイト。多分、我が国で最大規模の会員数を有すると思われる。再生実務に携わる人は入会するとメリットが多いと思う。

日本ターンアラウンド・マネジメント協会
http://www.tmajapan.org/jp/index.html
アメリカで誕生したターンアラウンド・マネジメント協会の日本支部。発足当時はあまりぱっとしなかったが、最近徐々に活気が出てきているように思われる。独自の認定制度である認定事業再生士(CTP)についての情報も掲載されている。

ターンアラウンド・マネジメント協会(英語サイト)
http://www.turnaround.org/Default.aspx
本家アメリカのターンアラウンド・マネジメント協会。発足から今年で20年を数えるそうで、その規模は半端ではない。アメリカにおいて、ターンアラウンド市場がどれほど大きいのか想像できる。イベント情報の掲載もある。

中小企業ビジネス支援サイト J-Net21
http://j-net21.smrj.go.jp/index.html
中小企業基盤整備機構が運営する中小企業のためのお役立ちポータルサイト。中小企業支援施策の紹介や、起業についての情報等が掲載されている。「資金調達ナビ」は結構使える。

日本政策金融公庫
http://www.jfc.go.jp/
国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、 国際協力銀行が合併して出来た国の金融公庫。旧国金はこちらで継続して営業している。なお、日本政策投資銀行の名前と紛らわしいと思っているのは小生だけではないであろう。

商工中金
http://www.shokochukin.co.jp/
こちらも先日10月1日に株式会社化された新商工中金。中身はまったく変わっていないと思う。商工中金は、早くからDIPファイナンスに取り組む等、企業再生ファイナンスに比較的熱心に取り組んできていることは実はあまり知られていない。



・病院再生関連

厚生労働省医療法人・医業経営のホームページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/igyou/midashi.html
厚生労働省医政局によるホームページ。医療法人、医業経営の情報 が集積している。新設された社会医療法人に関する資料もダウンロード 出来る。

社団法人全日本病院協会
http://www.ajha.or.jp/
全日病のホームページ。DPC分析事業、診療報酬に係る疑義照会等、病院 経営、医療行政関連情報が豊富に掲載されている。

社団法人日本医療法人協会
http://ajhc.or.jp/index.html
日本医療法人協会のホームページ。社会医療法人に関する情報がわかりやすく解説されている。

日本医療・病院管理学界
http://www.jsha.gr.jp/
小職が所属する学会。日本病院管理学会から改称。学会総会・分会案内、発表、 投稿規程の情報、各種ニューズレターも掲載されている。

独立行政法人福祉医療機構
http://www.wam.go.jp/wam/
福祉医療機構のホームページ。福祉貸付・医療貸付等の案内を中心に、医療経営セミナー 情報や各種統計資料も掲載されている。

日本政策投資銀行
http://www.dbj.go.jp/
日本政策投資銀行のホームページ。各種のストラクチャード・ファイナンス の事例が豊富。注目すべきいくつかの病院再生ファイナンスの事例も紹介 されている。

東京都医療機関案内サービス「ひまわり」
http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp
東京都が管理している医療機関検索サイト。医療法改正により義務化された医療機関の医療機能に関する情報も提供されている。ただし、都の担当者の話では、まだ100%カバーしてはいないとのこと。それでもかなりの量が掲載されている。

日経メディカルオンライン
http://medical.nikkeibp.co.jp/
日経メディカルのオンライン版。学会カレンダーは大変便利

介護保険と医療制度を考える部屋
http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/index.html
玖珂中央病院(山口県)の現役院長による、介護保険と医療制度についてのサイト。 現場レベルの問題提起を行っており、内容が豊富。

東京都保健医療計画(平成20年3月改定)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/hoken_keikaku/index.html



・キリスト教関連

Bible Gateway(英語サイト)
http://www.biblegateway.com/
アメリカのオンライン聖書検索システム。NIV、NASB、KJV、 といったメジャー翻訳を含む22バージョンに対応。Quick Searchがとても便利。

Institute for New Testament Textual Research(英語サイト・一部ドイツ語)
http://www.uni-muenster.de/INTF/
ドイツThe Institute for New Testament Textual Researchのサイト。NA27のオンライン版が利用できる。

Biblestudytools.com(英語サイト)
http://www.uni-muenster.de/INTF/
アメリカのクリスチャン団体が運営しているギリシア語・へブル語対応のinterlinear Bibleのサイト。ギリシア語は英語発音が表示されるのでとても使いやすい。

Bestcommentaries.com/(英語サイト)
http://www.bestcommentaries.com/
サイト名の通り、聖書コメンタリー(注解書)のランキングサイト。聖書の各書毎のトップ1-2がリストアップされている。ここでランキングを調べてキンドルでゲット出来たりする。

クリスチャン・リサーチ・インスティチュート(英語サイト)
http://www.equip.org/
アメリカのキリスト教伝道者Hank Hanegraaff氏が主宰するクリスチャン・リサーチ・インスティチュートのサイト。聖書関連の記事、聖書関連の質問への回答が豊富に満載されている。エホバの証人等のカルト関連のジャーナルも豊富に収載している。

Jewishencyclopedia.com(英語サイト)
http://www.jewishencyclopedia.com/
1901年から1906年にかけて出版されたJewish Encyclopediaが現在、パブリック・ドメインのサイトとなって公に開放されている。ユダヤ・ユダヤ教に関する情報では他を圧巻している。例えば小職はテトラグラマトン(YHWH)の意味等についてはこのサイトで実に豊富な情報を得た。

NA27 vs. UBS4 (Greek New Testaments)(英語サイト)
http://www.logos.com/training/navubs
ギリシャ語新約聖書テキストNA27とUBS4の比較検証サイト。情報をコンパクトにまとめており、ポイントがわかりやすい。LOGOSというバイブルスタディソフトのFAQのひとつだが、両者の違いをスピーディに知ることが出来る。そういえば、まもなく登場するとされるNA28は、史上初めてデジタル化(多分DVDかCD)されるそうな。

eSword
http://www.e-sword.net/index.html
完全フリーのバイブルスタディソフト、eSword。 世界各国語の聖書をベースにした、ベーカー、ウェスレー、クラーク等々大御所の註解もアドオン出来る驚異的なソフト。ギリシア語辞書とロングスナンバーリングもついているので、神学生等にはものすごく重宝すると思われる。

eBible Japan
http://ebible.echurch-jp.com/
日本語聖書のオンラインサイト。新共同訳、新改訳、口語訳の検索が出来る。 聖書通読表へのリンクもある。

Internet Christian Library(英語サイト)
http://www.iclnet.org/pub/resources/christian-books.html
キリスト教関連のインターネット図書館。1993年から情報を集めており、 その量は圧巻。カルバンの注解書もある。

Center for Reformed Theology and Apologetics(英語サイト)
http://www.reformed.org/index.html
アメリカ長老派教会が立ち上げた、教理教育を目的とした情報集積サイト。 ウェストミンスター教理問答、カテキズムの解説等が豊富。

ウェストミンスター信仰基準(日本語)
http://www.ogaki-ch.com/WCF/text/index.htm
日本基督改革派教会大会出版委員会編「ウェストミンスター信仰基準」信仰告白、大教理問答、小教理問答をひとつのサイトにまとめたもの。訳はやや固めだが、正確性を求める姿勢が垣間見れる。日本基督改革派教会大垣教会牧師辻幸宏先生が管理人をしておられる。

Crich Baptist Church,Confessions, Creeds & Catechisms(英語サイト)
http://www.crichbaptist.org/confessi.htm
イギリスのCrich Baptist教会による、世界のキリスト教会の信条・カテキズムのリンク集。使徒信条、二ケア信条等から、ハイデルベルク、ウェストミンスター等の比較的最近のものまで幅広く集めている。情報量が実に豊富。

カトリック教会公式ホームページ(英語サイト)
http://www.catholic.org/
カトリック教会公式ホームページ。世界中のカトリック教会検索サービス、ニュース配信、ショッピングシステム等々を有する、極めて大規模な超大型サイト。カトリック教会のオフィシャルサイトだから当然といえば当然か。

スタンフォード大学キング牧師研究グループ(英語サイト)
http://www.stanford.edu/group/King/popular_requests/voice_of_king.htm/
スタンフォード大学キング牧師研究グループのサイト。キング牧師の主要説教集、生音声ファイルへのリンク、主要著作の紹介等がある。有名な説教がオンラインで拝聴できる。

明治学院大学
http://www.meijigakuin.ac.jp/
小職が在籍していた大学。小さな大学だけど、キリスト教関連書籍の蔵書と、 歴史のあるチャペルが自慢。

日本聖書協会
http://www.bible.or.jp/
新共同訳聖書の翻訳元日本聖書協会のサイト。「異邦人」で有名になった久保田早紀さん(現在は本名の久米小百合さんで活動中)のコンサート情報等も載っている。そういえば次の聖書翻訳活動が、2016年の完成を目標にスタートしたそうな。「標準訳聖書」という名前になるとのこと。

新改訳聖書のホームページ
http://www.wlpm.or.jp/seisyo/
こちらは新改訳聖書のサイト。日本聖書協会の新翻訳に対抗して、こちらも2016年を目途に新翻訳を出すとのこと。NASBのロックマン財団寄りだけど、次の翻訳プロジェクトでもロックマン財団が関係するのだろうか?個人的には詩篇とか優しい表現ですごく好きなんだけどね。

Hymnsite.Com(英語サイト)
http://www.hymnsite.com/
アメリカのクリスチャン、CARadke氏が運営している賛美歌(Hymn:英語賛美歌)の情報集積サイト。歌詞、音源、楽譜がダウンロードできる。この量には圧倒される。個人で運営しているというから驚き。

こどもさんびか
http://eikou-hoikuen.hp.infoseek.co.jp/yassan.files/kodomo_hym/kodomoHYM.html
これはスゴい。子供賛美歌と賛美歌21のMIDI音源集のサイト。子供賛美歌はほぼ全部カバーしている。

新世界訳聖書の実像
http://www.geocities.jp/abdlesa/
Sayed Faraj氏(ペンネーム:日本人)がまとめておられるサイト。いわゆるエホバの証人が使っている「新世界訳聖書」を、原典写本・パピルスのレベルから徹底的に検証している。エホバの証人だけが使う「新世界訳聖書」がいかにトンデモないインチキなシロモノであるかがわかる。

キリスト教界検索
キリスト教関連専門検索・登録サイト、KIRISUTO.INFO。クリスチャンにとって有益な情報が豊富に登録されている。地域情報、教会情報も豊富。

日本基督教団碑文谷教会
http://park1.wakwak.com/~himonya-c/
小職が通う教会のホームページ。月間予定表、教会沿革、牧師紹介等の情報が掲載されている。



・その他

ケンタッキーフライドチキンを家庭でつくるスレ
2chan/KFC.html
2001年に小職が立ち上げた2ちゃんねるのスレ。ケンタッキーフライドチキンをどうしても家で作りたくて立ち上げ、一時大変盛り上がった。最終的には放置したけれどPart2まで出来てしまった。

オヤジとサシで・・・
2chan/oyajito.html
2000年頃ハマっていた2ちゃんねるのスレ。酒板のスレで、泣ける話が随所に盛り込まれている。

一倉定はどうですか?
2chan/ichikura.html
2001年に小職が立てた2ちゃんねる経営学板のスレ。伝説のコンサルタント故一倉定についての議論を目的にしたスレ。かの有名なアポロン氏との議論が懐かしい。「酒士小波」と称しているのが小職。

前田健二のフェイスブックページ
http://www.facebook.com/fimaeda
小職のフェイスブックページ。フェイスブックの個人アカウントとビジネスアカウントを分けるために開設した。主に仕事の情報を中心に発信しています。

シェフまえだのブログ
http://maedaknj.blog5.fc2.com/
小職の個人ブログ。よく作る料理のレシピ、オリジナルのレシピ、料理や食べ物についてのつぶやき等を掲載している。デイリーに更新することを目指しているが、なかなか実現が難しい。

前田健二のツイッター
http://twitter.com/maemaekenken
今流行りのツイッターの、小職のページ。あんまり大したことつぶやいていないけど、最近は比較的よくつぶやいています。

株式会社フィナンシャル・インスティチュート
http://www.financial-i.co.jp/
小職が勤務する事業再生コンサルティング会社フィナンシャル・インスティチュートのホームページ。

links

経営、事業再生、キリスト教関連等のリンクです。