「信仰告白」という言葉をご存知であろうか。信仰告白とは、文字通り自分の信仰を公に告白することを言う。キリスト教では、この信仰告白を非常に大事にする。例えば教会へ教会員として列したいと希望する人は通常、既存の教会員の前で信仰告白をしなければならない。

では、この信仰告白とは一体どのような内容なのだろうか。まず考えられる最もシンプルな信仰告白は、

 「私は神を信じる」

であろう。神を信じない人がそのような信仰告白をすることはあり得ないからだ。

続いて問題となるのは、「いかなる神を信じるか?」であろう。前に、キリスト教の神とは一神教の神で、それ以外を神としないということを説明した。よって、キリスト教の神を信じると告白するということは、この唯一の神を信じるということを公に告白することになる。よって、「私は商売の神様を信じます」とか、「私は酒の神様バッカスを信じます」とか、「私は八百万の神様を信じます」という信仰告白では、キリスト教では受け入れられないということになる。

そこで、キリスト教の神とはいかなる神か、という問題が浮上してくるのであるが、ここから話は少しややこしくなってくる。これは、キリスト教とはいかなる宗教か、何の条件を満たせばキリスト教と認められるのかという神学的な議論を含む話になって来るからだ。前のコラムで、一部の自称キリスト教の人達は、「伝統的なキリスト教」の人達とこれについての解釈が大いに相違しており、結局お互いがお互いを否定しあっているといったニュアンスの事を書かせていただいた。この、神学的解釈ないし定義が「キリスト教」の教派によって少々相違しているため、信仰告白、とりわけ共同体としての教会自体の信仰告白も若干相違している。つまり、例えばあなたがある教会の前で信仰告白を行ったたところで、それを適用させる教会によって解釈が相応に違ってくる可能性があるのだ。

 (続く)

(ブログランキングにご協力お願いいたします。↓)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

Column "Hitorigoto"

信仰告白について Part1