さて、一般的なキリスト教では教会をどのように定義しているのだろうか。漏れが通う教会では「ウェストミンスター教理問答」という、非常に難解で硬派なカテキズムを使ってキリスト教の教理を学んでいるが、このウェストミンスター教理問答では、教会を「見える教会」と「見えない教会」とに分類して、それぞれを以下のように定義している。

問62 見える教会とは、何であるか。
答 見える教会とは、世のすべての時代・すべての場所にあって、真の宗教を告白するすべての者と、彼らの子供たちとから成る一つの社会である。

問64 見えない教会とは、何であるか。
答 見えない教会とは、首(かしら)なるキリストの下に、過去・現在・未来を通して、一つに集められる選民の全員である。
(「ウェストミンスター信仰基準」日本基督改革派教会大会出版委員会編,1994,新教出版社1963年訳より引用)

漏れは牧師から、クリスチャンは「見える教会」と「見えない教会」のいずれにも属す必要があると学んだが、いずれの教会も、教会の構造やチャペルといった様式等の物理的な条件や制約を課していないところは注目すべきだろう。つまり、教会とは、キリストを主とする人々が集まるコミュニティであり、また、それを共同で信仰告白する人々の集まり、とあらためて言ってしまって問題ないであろう。

そうすると、教会として認定されるには、チャペルに牧師の教壇が備えられているとか、パイプオルガンが設置されているとか、十字架が高々と掲げられているとか等々の様式的条件は全然要求されないことになる。つまり、教会を教会として成立させるのは、そこにどういう種類の人たちが集まっており、どういう内容のことを告白しているか、ということになるであろう。

なお、上に「信仰告白」という普段の日本語の会話ではあまり使われない単語を続けて挙げたが、キリスト教を含むいわゆるアブラハムの宗教の系列の宗教は、これを非常に大事にする。というか、これなしでは信仰そのものが成立しない。信仰告白とは、信仰を持つと主張する人による公(パブリック)に対する告白であるが、問題は、その人がどういう告白をするか、である。キリストの教会に集まっている人であれば、とりあえずキリストに関する何らかの告白をするのであるが、その告白の内容が重要で、それ如何によってその人がちゃんとしたクリスチャンであるか否かが決定されてしまうのだ。よって、キリストの教会とされるには、そこに集まる人々がちゃんとしたクリスチャンとして「認定」されるに十分な信仰告白を、共同で行う必要があることになる。

(続く)

(ブログランキングにご協力お願いいたします。↓)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

Column "Hitorigoto"

Vol.39 「結婚式教会」という名のちゃんとしていない教会 Part.2